StripAndUPX

ソフト選択画面に戻る


目次

  1. ソフト概要と注意事項
  2. ScreenShot
  3. 動作環境とファイル
  4. インストール、アップグレード及びアンインストール
  5. 使い方
  6. 更新履歴とダウンロード
  7. ライセンスに関して
ご質問・要望・バグの報告などはK(turikiti@pet.707.to)までお願いします。また、バージョンアップは、 K's Page (http://fishers.dtdns.net/software/) で通知しております。
(スパムメール防止のため、メールアドレスは@以前を全角英数で記述してます)




























ソフト概要と注意事項

本ソフトは、Lazarusで作成したEXEファイルから デバッグコードを除去し、UXP圧縮を行うソフトです。


ScreenShot


動作環境

本ソフトウェアはWindows XPで動作確認をしています。 他は確認していませんが、Win95系、Windows2000でも動くと思います。


インストール及びアップグレード


使い方

設定

stripupx.exeをダブルクリックして起動します。StripAndUPXが起動したら、strip.exe、upx.exeのあるフォルダを 指定してください。Lazarusをインストールしていれば、 以下の場所にあります。

{Lazarus Install Dir}\pp\bin\i386-win32\

但し、ネットワークドライブ上にある場合には対応していません。また、strip、upxを実行する場合、 チェックボックスを付けます。


オプション

  • 6MB以上のファイルに適用
  • Lazarusで作成したEXEファイルは6MB以上あります。 また、LazarusのEXEファイル (正確にはGNU gccを使ってコンパイルしたEXEファイル)以外をstripすると起動しなくなってしまいます。 それを避けるため、ファイルの大きさを調べて6MB以上あるファイルだけstripを実行するオプションです。

  • 各プロセスのタイムアウト
  • StripAndUXPの処理中に、stripやUPXがハングアップしてもStripAndUPXが応答するためのオプションです。 ここで設定した時間以上の処理時間が掛かる場合、時間を延ばしてみてください。

  • バックアップ作成後実行
  • LazarusのEXEファイル (正確にはGNU gccを使ってコンパイルしたEXEファイル)以外をstripすると起動しなくなってしまいます。 万が一、そのような場合でも復旧できるようにバックアップファイルを作成してからstripやUPXを実行する オプションです。

  • forceオプションを使う
  • protectされているEXEファイルを強制的に圧縮するオプションです。 Borland Developer Studio 2006で作成したDelphi Win32アプリケーションでは、このオプションが必要です。

    実行

    stripupx.exe及びそのショートカットにEXEファイルをドラッグ&ドロップするだけです。


    更新履歴とダウンロード

    下に行くほど古いです。バージョンをクリックするとファイルをダウンロードできます。


    Version 1.0.0.1
    Version 1.0.0.0

    ライセンスと免責に関して

    本ソフトはフリーソフトウェアです。再配布は自由ですし、作者(=K)への通知も不要です。


    また、本ソフトの作成に関して、作者が可能な範囲で万全を期するようにしておりますが、 万が一、本ソフトに起因する損害があっても作者はその責任を追いません。 本ソフトの使用、及び得られた結果の解釈に関しては、自己責任で行って下さい。


    ソフト選択画面に戻る