mbox cutter

ソフト選択画面に戻る


目次

  1. ソフト概要
  2. 動作環境
  3. 使い方
  4. ダウンロードと更新履歴
  5. ライセンスに関して
ご質問・要望・バグの報告などはK(turikiti@pet.707.to)までお願いします。また、バージョンアップは、 K's Page (http://fishers.dtdns.net/software/) で通知しております。
(スパムメール防止のため、メールアドレスは@以前を全角英数で記述してます)


























ソフト概要と注意事項

本ソフトは、mbox形式のメールファイルを個別のメッセージに分割するソフトです。 主にmbox形式のメーラからOutlook ExpressやWeMailへ 移行する際に用います。 Outlook Express→Outlookとすることで、Outlookにも間接的に移行可能です。

本ソフトでISO-2002-JISをShift JISに変更するために、 Pz factory様の JIS2SJISユニットを使用しました。 便利なユニット、ありがとうございます。

追加して欲しいメーラがある場合、お気軽にメールしてください。


動作環境

本ソフトウェアは次の動作環境で動作します。

Windows 2000/XP/Vista/7

Windows 8で動作確認はしていませんが、恐らく動くと思います。


使い方

1.変換の例

mbox形式のメーラには、ちょっと調べてみると次のものがあります(2005/11/26現在)。

Thunderbirdは、設定を保存しているフォルダの下にある「Mail\Local Folders」以下にメールファイルがあります。 mbox cutterで個別ファイルに分割したら、分割したファイルをOutLookExpressの下の部分にドラッグ&ドロップします。 すると、現在選択しているフォルダ(下では受信トレイ)にドロップしたメールが“メール”として登録されます。 複数のファイルを一括でやっても、個別のメールとして登録されます。


2.使い方の詳細

mbox cutterを立ち上げ、メニューの「メーラ」から自分のメールソフトを選択してから、 メールファイルをmbox cutterにドラッグ&ドロップするだけです。

ウィンドウの中心にあるチェックボックスが分割のオプションです。それぞれ、次のような機能があります


3.メニューの説明

メニューにはファイル、設定、ヘルプがあります。各々は次の動作をします。

○ファイル

○メーラ

個別メールに区切りたいファイルが、どのメーラで作られた物かを選択します。Becky!2の・ Exported Unix狽ニは、Becky!2のエクスポート機能で作成したUNIX形式のメールファイル(mbox形式)です。
“カスタム”に関しては、mbox cutterのヘルプで「カスタムヘッダに関して」をご覧下さい。

○オプション


○その他


ダウンロードと更新履歴

ファイルはバージョン名をクリックするとダウンロードできます。下に行くほど古いです。


Version 2.1 32bit版64bit版
Version 2.0 32bit版64bit版
Version 1.0.0.1

Version 1.0.0.0

ライセンスと免責に関して

本ソフトはフリーソフトウェアです。再配布は自由ですし、作者(=K)への通知も不要です。

但し、再配布の際は、プログラム本体(mboxcutter.exe)、ヘルプファイル(mboxcutter.hlp) ヘルプの目次ファイル(mboxcutter.cnt)を同一フォルダに置くように通知してください。

また、本ソフトの作成に関して、作者が可能な範囲で万全を期するようにしておりますが、 万が一、本ソフトに起因する損害があっても作者はその責任を追いません。 本ソフトの使用、及び得られた結果の解釈に関しては、自己責任で行ってください。。


ソフト選択画面に戻る