TOPページへ戻る  PCページへ戻る  一覧へ戻る

TListのカスタマイズ

TListはSort、Delete、Packなどのメソッドがあり、 便利なクラスなのですが、そのItemプロパティにはポインタしか入れられません。それ故、 ポインタの実体を見るために毎回型キャストするという煩雑さがあります。

ここではTListをカスタマイズして、使い勝手のよいTListを作成します。 以下の順番でカスタマイズしていきます。

  1. 型キャスト無しでItemプロパティを読み出す
  2. Add、Clearメソッド、及びデストラクタの実装
  3. Putメソッドの改良
  4. 2次元配列として使えるカスタムTList
  5. 複数のデータをItemsプロパティに保持するクラス

TOPページへ戻る  PCページへ戻る  一覧へ戻る